エコリサイクル緑化法とは

 道路などの建設工事で発生する間伐材、伐根材、剪定枝などの植物発生材を現場外に持ち出すことなく、移動式の破砕機で細かく破砕し、また、県内の市町村から廃棄されるし尿汚泥や民間の食品工場から廃棄される汚泥(産業廃棄物及び事業系一般廃棄物)などの有機質汚泥を発酵・乾燥させた栄養豊富な汚泥発酵肥料を混ぜ合わせ、法面用の緑化基盤材として活用する、地域資源循環型のリサイクル緑化工法です。

 建設現場から出る廃棄物を利用した工法なので、廃棄物の最終処分量が減少します。無駄なく、効率的に再利用します。

エコリサイクル緑化法の特徴

  1. 間伐材や伐根材などを現場外に持ち出すことなく、法面の緑化基盤材として有効利用できるので、廃棄物の軽減ができる(地域資源循環型の緑化工法)。
  2. 破砕した生チップをそのまま使用し、汚泥発酵肥料との混合により生育障害を激減できる法面緑化工法。
  3. 伐根材などの処分費や運搬コストの縮減が可能。
  4. 栄養豊富なので岩盤法面やマサ土法面などの無土壌地法面に適しており、また、中長期わたり緑化が安定します。
  5. 破砕費用を含め、市場単価の植生基材吹付工の単価が適用できる。
  6. 施工管理基準は植生基材吹付工の基準がそのまま適用できる。

従来工法とエコリサイクル工法の違いについてはこちら

このページの上へ

Copyright (C) 2009 Green Pioneer Corporation. All Rights Reserved.